【アンビシャスカード ver.1】カードマジックの王道に挑戦!

今回紹介するのはカードマジックの王道中の王道「アンビシャスカード」というマジックです。
アンビシャスカードとはデックの中に入れたはずのカードが一瞬にしてトップに移動するというものです。
テレビタレントからプロのマジシャンまで幅広く使われている方法でアンビシャスカードと一口に言ってもいくつかのテクニックがあります。
今回はその中でも一般的で比較的簡単な手品を紹介します。

アンビシャスカード ver.1

マジック

1. シャッフルしたデックをリボンスプレッドで広げ客に1枚選んでもらいます。

この時、リボンスプレッドではなくファンでもかまいません。

2. 演者と客でそのカードを確認し覚えます。
今回はスペードのエースを選んだとします。

3. 演者は客からそのカードを受け取り、デックの中央付近に戻します。

4. デックのトップのカードとボトムのカードを客に見せ選んだカードではないことを確認します。


5. 演者が「パチン」と指を鳴らすと、トップのカードを表に向けるとさきほど選んだカードに変わっています。


6. 表に向けたカードを裏返し、トップのカードをもう一度デックの中央付近にいれる。

7. 演者がもう一度指を鳴らすと、ふたたび選んだカードがトップに移動しています。

準備

なし

種明かし

1. 客に選んでもらうカードはどのカードでも関係ないのでシャッフルして客に選んでもらう。
2. 選んでもらったカードを当てる手品ではないので、客と一緒に演者もどのカードが選ばれたのか確認してよい。
3. カードをデックに戻すとき、写真のようにトップのカードを斜めに浮かし、カードはトップから2番目に戻す。
【ポイント】客から見えるデックの角度によってデックの中央付近に入れているように見えたり、種がばれたりするのでなんども練習して客が錯覚するような角度を探してみてください。

4. トップとボトムのカードを確認した後、指を鳴らしたり、魔法をかけるふりをする。
5. 次にトップのカードを確認するときにトップのカードと2番目のカードの2枚をまとめて裏がえす。
トップのカードだけを裏返したように見せかけて2枚のカードを裏返すテクニックを「ダブルリフト」といいます。
これによりトップのカードが客が選んだカードであるように錯覚させる。
【ポイント】トップから2枚目と3枚目の間に小指でブレイクをしておくと2枚をまとめて返すやすい。

6. 裏返したカードを戻すときも2枚を重ねたまま、裏がえす。
7. トップのカードをとり、デックの中央付近にいれる。
【ポイント】このときトップのカードは関係のないカードなので、デックの中央に入れるときに客に戻す途中を確してもらう。
8. トップのカードはとうぜん客が選んだカードである。

おわりに

通常、同じ手品は2度続けて演じないのが鉄則です。
しかし、このアンビシャスカードでは2度のマジックで1セットです。
このようなマジックは珍しいので客が1度目のマジックを疑っているときに2度目のマジックをすることで客はさらに不思議に思う面白い手品です。
今回紹介したアンビシャスカードは最もポピュラーなテクニックです。
違ったテクニックを使うアンビシャスカードも今後紹介していく計画ですので乞うご期待を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。