手品の基本テクニック【ブレイク】

【ブレイク】とはデックを分けるというもので、カードマジックにおける基本的な技術になります。
これをマスターするだけでマジックの幅がひろがりますので是非マスターしておきたいテクニックです。
アンビシャスカードをおこなう時にも重要なテクニックになります。

手品の基本テクニック【ブレイク】

基本的な方法

1. 左手でデックをディーリングポジションでもつ。

2. 次に写真のように小指をデックの分割したいところにいれる。

【ポイント】小指のブレイクの大きさが大きいほど客にバレてしまいます。
ですのでブレイクの幅はできるだけ小さくし、さらに中指や薬指でブレイクの隙間を隠すようにデックを持ちます。

トップのカードをブレイクする場合

1. 左手でデックをディーリングポジションにもつ。

2. 親指でトップカードを少し右側へずらし、トップカードの下側を小指で少し持ち上げる。

3. 中指と薬指でトップカードを左側へ戻す。

【ポイント】トップから2枚をブレイクする場合には最初に2枚をずらし、3枚をブレイクする場合は3枚ずらす。
4枚以上になると別の方法が簡単でしょう。

ボトムのカードをブレイクする場合

1. 小指でボトムのカードをひっかけるようにはさむ。

操作はこれだけですが、ボトムの1枚をブレイクする場合、2枚をブレイクする場合、3枚をブレイクする場合は感覚が重要になりますので、トップカードのブレイクよりも難度が高いです。
この感覚を身につけるにはどうしても練習が必要になります。

おわりに

ブレイクは2枚のカードをまとめて裏返すダブルリフトに必須のテクニックです。
ダブルリフトができるようになると王道マジックのアンビシャスカードがうまくできるようになります。
カードマジックの基本とも言えるテクニックですので是非マスターしておきたい技術ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。