【予言マジック】カードを予言し、しかもそのカードは唯一の赤いカード

今回は予言マジックのひとつを紹介します。
このマジックはカードを予言するだけでなく、選ばれたカードだけが唯一のハートのマークでそれ以外のカードはスペードやクラブの黒色マークになっているというものです。

カードを予言し、しかもそのカードは唯一の赤いカード

マジック

1. 「あなたが選ぶカードを予言し、この紙に書いています」といいテーブルの上に置いておきます。

2. 20枚の枚数からなるパケットから客に数枚を適当にとってもらい、その枚数を数えてもらう。
仮に今回は7枚をとったとします。
写真の上のパケットが客がとった7枚のカード、下が残りの13枚のカードです。

3. 残りのパケットから10枚をひろげてならべる。

4. 最初に客がとったカードの枚数分、今回なら7枚目のカードを表にむけます。

5. 予言した紙を見るとその表にむけたカードが書かれている。さらにそのカード以外は全て黒マークのカードであり、選んだカードが唯一の赤マークのカードである。

準備

1. スペードとクラブからなる19枚のカードとハートかダイヤのカードを1枚用意する。

2. 合計20枚のパケットのトップから11枚目(ボトムから10枚目)に配置する。

3. ハートのカードを書いたメモを用意しておく。(臨場感をだすために客の前で予言を書いてもよい。)

種明かし

1. 準備のとおりに用意したパケットをテーブルにおく。

2. 客にトップから数枚とってもらう。
【ポイント】客にトップから数枚とってもらうときに、必ず10枚以下の数にする。

3. 残りのパケットのトップから10枚をテーブルに並べる。
【ポイント】このとき、右か左にむかって10枚並べる。写真の都合上10枚並べるときにカードが重なっているが重ならないように並べる。

4. 客にとってもらったカードの枚数を教えてもらい、10枚の並べたカードの左からその枚数目のカードを表をむける。
【ポイント】かならず左から数を数える。写真では左から7枚目のカードを選ぶ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。