【声で当てる】客の選んだカードを客の声で当てる!

今回紹介するカードマジックは、最初に客が選んだカードを客の声で当ててしまうというマジックです。
タネはそれほど難しくなく初心者でも演じやすいマジックですが、声で当てられると客に説明すると客を魅了することができるでしょう。

客の声で選んだカードを当てる!

マジック

1. ケースから取り出したデックをファンで広げ、客に1枚とってもらう。

2. カードを覚えてもらったら元の位置に選んだカードを戻してもらう。

3. デックを客にわたし、トップから1枚ずつ客に声を出して読み上げてもらう。

4. 最初に選んだカードを読み上げる声だけで演者が当てる!

準備

なし

種明かし

1. ケースからデックを取り出すときにボトムのカードを客にばれないように確認する。
【ポイント】以前に紹介したグリンプスという手技をつかいます。

2. ファンで広げたデックの中から客に1枚のカードを選んでもらう。

3. この時選んでもらったカードを客が覚えている間に客が選んだカードの上半部と下半分をわけ、上半分のパケットをテーブルにおく。

4. 客に「選んだカードを元の場所に戻してください」と言い、テーブルにおいたパケットの上にカードを戻してもらう。
【ポイント】実際は元の位置ではなく、パケットの上半分と下半分が入れ替わっていることになります。

5. テーブルのパケットの上に残りのパケットを重ねて置く。
【ポイント】客が選んだカードの上側に最初に演者が覚えたカードになります。

6. デックを客に渡し、トップから1枚ずつ表に向けながらカードを読み上げてもらう。

7. 演者が覚えたカードの次のカードが客が選んだカードになる。
【ポイント】この時に演者は「あなたの声で選んだカードがわかりました」といい、声の調子で選んだカードを当てているように演じることがポイントです。

おわりに

実際には声で判断しているのではありませんが、いかに声で判断しているかのように演じられるかがカギとなります。手技は最初のグリンプスおよびデックの上半分、下半分の入れ替えがポイントとなりますが、それほど難しいものではありませんので是非挑戦して見てくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。