4枚のカードから客が選んだカードを当てるマジック!

今回紹介するのは同じ数字の4枚のカードから客に1枚を選んでもらいそのカードを当てるというマジックです。
マジック初心者にとっても簡単にできるマジックですので是非挑戦してみてください。

4枚のカードから客が選んだカードを当てるマジック!

マジック

1. 同じ数字の4枚のカードをシャッフルし、客に1枚選んでもらいマークを覚えてもらう。

2. 選んだカードを戻してもらい、シャッフルする。

3. シャッフルした後にもかかわらず、演者は客が選んだカードを当てることができる。

準備

同じ数字のカードを4枚用意する。
【ポイント】数字は1、3、5、7、9ならどの数字でもかまいません。
1、3、5、7、9のカードは、真ん中のマークが上下を区別できるものになっている。

種明かし

1. 準備した数字の4枚のカードには中心のマークに上下があるので、演者から見てマークの上下が揃うように並べておく。

2. 4枚のカードを裏向け、客の前で十分にシャッフルする。

3. 客に1枚を選んでもらい、覚えてもらう。
【ポイント】覚えてもらっている間に演者はパケットの上下を入れ替えて持ち直す。
この作業がこのマジックのすべてです!

3. 上下を入れ替えて持ち直したパケットに客の選んだカードを戻してもらう。

4. シャッフルを十分におこなう。

5. 表を向け、1枚だけ上下が反対になっているものが客が選んだカードになる。
【ポイント】下記のように判断することができます。ダイヤの場合だけ注意が必要です。
・客がスペードを選んだ場合

・客がクラブを選んだ場合

・客がハートを選んだ場合

・客がダイヤを選んだ場合
【ポイント】ダイヤのマークだけは上下がないのでダイヤが選ばれていた場合は、スペード、クラブ、ハートの3種類のカードが上下同じ方向に向いていることから判断する。

おわりに

今回紹介したマジックは難しいテクニックも必要なくマジック初心者でも簡単に披露することができます。
幼稚園児でも可能なマジックですので、子供の一芸として教えてみてもよいかもしれませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。