【あなたの選んだカードは上からXX枚目です!】

今回紹介するのは客が選んだカードがカットののち上から何枚目にあるかピタリと当ててしまうマジックです。
失敗する要素もほぼなく、タネもバレにくいうえに難しいテクニックも必要としない重宝する手品となっております。

【あなたの選んだカードは上からXX枚目です!】

マジック

1. 演者は左手にもったデック1枚ずつ右手に移動させていき、客に好きな1枚を選ばす。

2. 客は選んだカードを覚え、デックに戻す。
今回はクローバーの2とします。

3. 演者はデックをカットする。

4. 客にもデックをカットしてもらう。

5. デックを表にむけ、さらにカットする。

6. 演者はデックを裏返し、デックの上から何枚目に客が選んだカードがあるのか1発で見事あてることができる。

準備

デックのボトムにどのマークでもよいので1から13までの13枚のカードを順番に並べておく。
【ポイント】準備段階でこの並べ替えをしていると非常にあやしいので前回紹介した【順番を入れ替えたはずがもと通りに!】などのマジックを先にしておき、この手品の準備にすると自然におこなえます。

種明かし

1. 客がカードを選ぶときは必ずデックの上部をとってもらうようにする。
【ポイント】この時にボトムの並べて13枚のカードを取られては失敗となりますので、1枚ずつゆっくり客に広げながら選ばせるのがポイントです。

2. 客がカードを覚えた後、デックに戻すとき演者は客のカードより上側のパケットをテーブルに置き、その上に客のカードを戻させる。客のカードの上に残りのパケットを置く。
【ポイント】この上下の入れ替えにより、客の選んだカードのすぐ上に1から13の並べたカードがくるようになります。

3. この後、カットを繰り返すが客のカードと並べた13枚のカードの並び順は変わらない。

4. 表を向けてカットをするとき、並べた13枚のカードのマークがでるまでカットする。
写真でダイヤの7がでたので、この時デックのトップから7枚目が客の選んだカードになります。
【ポイント】この時、実際には下記の写真のようにカードが配列されるので、カットででた数字が客のカードが上からその数字の枚数目にくることがわかります。

5. 写真でダイヤの7がでたので、この時デックのトップから7枚目が客の選んだカードになります。

【おわりに】
客のカードが上から何枚目かを当てる時に「マジシャンはカードの動きを完全に覚えることができます。あなたのカードはおそらく。。。上から7枚目ですね!」など言葉を巧みに使うとさらに盛り上がるので是非トライしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。