【ボトム・スタック・コントロール】ボトムの順番をかえずにシャッフルする!

前回はデックの上部をコントロールする「トップ・スタック・コントロール」を紹介しましたが、今回は下部をコントロールする「ボトム・スタック・コントロール」を紹介します。
ボトムカードをコントロールすることで以前に紹介した「ジョーカーはなんでも知っている?」などを効果的におこなうことができます。

1. デックのボトムに1枚から4枚程度のカードを仕込んでいるとします。

このボトムの数枚のカードをポイントとして色々なマジックをおこなうことができますが、シャッフルせずに手品を始めてしまうとデックにタネがしこまれていると疑われてしまいます。
そこでデックをシャッフルした上で、このボトムカードを再びボトムに戻すというのが「ボトム・スタック・コントロール」です。

2. オーバーハンドシャッフルで最初は普通にシャッフルします。

3. シャッフルの最終段階でデックのボトムに仕込んでおいて数枚のカードをデックの一番上側に戻す時に写真のように小指でブレイクします。

4. 小指でブレイクしたデックの上に残りのパケットをおく。
【ポイント】写真ではブレイクの幅をわかりやすいように大きくしていますが、このブレイクを如何に小さくするかがマジックの技術になります。

5. ブレイクの下側を右手で引き抜き、オーバーハンドシャッフルをすると、一番下側にもともとあったボトムのカードが戻ってくる。

前回紹介したトップのコントロールと今回のボトムのコントロールがカードマジックにおい重要な基本テクニックになります。
是非マスターしておきたい手技ですので、チャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。