【ワイキキ・カード・ロケーション】仕掛けなしで客が選んだカードをあてる!

今回はマジックの準備や仕掛けがないにもかかわらず、客が選んだカードを見事当てるというものです。
マジックを披露するうえで、種の仕込みを自然にするのは初心者には難しいもの。
仕込みなしでできる今回のマジックは、特に初心者に是非マスターしてほしいマジックとなっております。

仕掛けなしで客が選んだカードを当てる!

マジック

1. 仕掛けがないことを示すために客にデックをわたし、シャッフルしてもらう。

2. さらに客にデックを大体3等分になるように3つのパケットにわけてもらう。

3. 演者は後ろを向き、客に3つのパケットから好きなひとつを選んでもらいそのトップのカードを覚えてもらう。今回はハートのAを選んだとします。覚えてもらったあと選んだパケットのトップに戻す。

4. さらに選んだパケットを裏返し、そのパケットをそれ以外の2つのパケットでサンドイッチのように重ね、ひとつのパケットにする。

5. 演者はそのデックをリフルシャッフルする。
このリフルシャッフルは客にしてもらってもよい。

6. 演者はそのデックの中から客が選んだカードを見事当ててしまう。

準備

なし

種明かし

1. リフルシャッフル後、裏と表が混じり合っていることを客にしめすためにリボンスプレッドする。
【ポイント】リフルシャッフル後、必ずデック全体を裏がえしてからリボンスプレッドをする。

2. 広げたデックの中から表を向いているカードが最も長く連続している部分をみつける。
下記の写真ではスペードの8からダイヤの9までの部分である。

3. 客が選んだカードはこの最も長く連続した表のカード群の左隣りの裏向きのカードが必ず客が選んだカードになる。
下記の写真ではダイヤの9の左側(クラブの3の右側)の裏向きのカード。

おわりに

今回のマジックは仕掛けなしで、さらにほとんどの作業を客に扱ってもらう手品です。
ですので、客もどうして当てられるのか不思議に思います。
マジック初心者にとってもおすすめの手品ですのでぜひ挑戦してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。