【4枚のエースが現れる!】

今回紹介するマジックはお客さんが好きなところでストップをかけたり、カットしたはずなのにいつでも4つにわけたパケットのトップカードがエースになってしまうというものです。
簡単な準備と手技でできる手品ですのでぜひチャレンジしてみてください。

【4枚のエースが現れる!】

マジック

1. オーバーハンドシャッフルでデックをまぜる。

2. 右手でデックを持ち、デックを表にむけて客に表が見えるようにオーバーシャッフルのやり方で上から一枚ずつ左手にカードを移していく。

3. 客に好きなところでストップといってもらい、その時点で左手にあるパケットを裏向きにしてテーブルにおく。

4. もう一度残りのデックを右手で持ち、デックを表にむけて客に表が見えるようにオーバーシャッフルのやり方で上から一枚ずつ左手にカードを移していく。

5. 客に好きなところでストップといってもらい、その時点で左手にあるパケットを裏向きにしてテーブルにおく。

6. 残りのデックも裏返しにしてテーブルに置く。

7. 最後の残りのデックを客の好きなところで二つにわけてもらい写真のように4つの山が並ぶように右下におく。

8. 客の好きなところでストップをかけてもらい、好きなところでカットしたにもかかわらず、テーブルの4つの山のトップのカードはすべてエースになっている。

準備

4枚のエースをデックのトップに用意する。

種明かし

1. 最初にデックをまぜるために、シャッフルするがこのとき、以前に紹介したトップスタックコントロールの技法を使う。

2. 手順2と手順4の時に最初の1枚目をとるときに1番下側のカードを同時にとる。
【ポイント】このマジックの1つめのポイントがここです。下の写真のように1番上側と1番下側のエースを同時に抜き取らないといけません。このときに客にエースをとるのがバレてしまうと手品が台無しになってしまいます。客にエースが見えないようにデックの表を客の真っ直ぐに向けましょう。

3. 手順8で4枚のエースをひらくときにポイントがあります。
【ポイント】この時点でエースは左の2つの山のトップに1枚ずつと、右下の山のトップに2枚のエースが存在することになります。
右上の山にはエースが含まれておりません。表に向ける時には両手で左下の山と右下の山から1枚ずつ取るが、客に見えるように山の上に置く時には左手のカードは左下の山に、右手のカードは右上の山におく。


この時素早く表を向けることで客にはバレません。

あとは、左上の山ともう一度右下の山からトップのカードを表に返すと完成です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。