【トップ・スタック・コントロール ver.2】リフルシャッフルによるコントロール

前回、オーバーハンドシャッフルでのトップスタックコントロールを紹介しました。
今回は、カードマジックでもよく使われるリフルシャッフルでのトップスタックコントロールをご紹介します。
オーバーハンドシャッフルとリフルシャッフルの両方でトップカードを操ることができれば手品の幅がグンとひろがりますので身につけておきたい技術です。

1. トップに4枚のエースがあるとします。

このトップの4枚のカードをポイントとして色々なマジックをおこなうことができますが、シャッフルせずに手品を始めてしまうとデックにタネがしこまれていると疑われてしまいます。

そこでデックをシャッフルした上で、このトップの4枚を再びトップに戻すというのが「トップ・スタック・コントロール」です。

2. リフルシャッフルをする時にはデックをまず半分にわけます。
【ポイント】この時、コントロールしたいトップの4枚のカードが右手側のデックにあるとします。

3. どちらの手に4枚のカードがあるかを意識しながら、リフルシャッフルを始めます。

4. シャッフルの途中までは通常のリフルシャッフルでかまいません。

5. リフルシャッフルの後半に入った時にコントロールしたい右手のトップが必ず4枚以上残るようにスピードを調整します。
【ポイント】写真のように左手側を先に終わらせ、右手側のトップの4枚以上が最後に一気に終わるようにします。

6. このようになっているはずです。
もちろんトップの4枚は最初に用意した4枚のエースのままですね。

おわりに
このトップスタックコントロールでの全体のポイントは最後を素早く行うことと右手側の最後の束の数を4枚以上でできるだけ少なくするかとなります。
最初はゆっくりとおこない、最後の束も多くして練習をはじめ、慣れてくると素早く、少ない枚数でおこなえるように進めてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。