Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【もっとも単純にカードを当てる!】

今回紹介するマジックは客が選んだカードを当てるというよくある手品の一種です。
しかし、今回の手品は非常に単純な仕掛けで当てるものなので誰でも数回練習するとできるようなものです。
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね

【もっとも単純にカードを当てる!】

マジック

1. デックをシャッフルし、よく混ぜる。

2. ファンで広げたデックから客に1枚選んでもらい覚えてもらう。
ここではクローバーのエースを選んだとします。

3. 覚えてもらったら、デックのもとの位置に戻してもらう。

4. 演者は確認のため「このカードを忘れないでくださいね」と客にいう。

5. 客にデックをシャッフルしてもらう。

6. 客からデックを受け取った後、演者はデックをさらにシャッフルしながら決め台詞を言う。
「きちんと覚えていますか?さきほどのクローバーのエースを!」

準備

特になし

種明かし

1. この手品に仕込みはありませんので最初のシャッフルではどれだけ混ぜても構いません。

2. 客にカードを覚えてもらったあと、左手のデックの上に戻す。
【ポイント】この時戻したカードの下に小指でブレイクを入れておく。

3. 一度右手の残りのパケットを客の選んだカードの上にのせる。

4. 客のカードを含めたブレイクより上側を右手で持ち上げ、右手の人差し指で左手に残ったデックのトップのカードを写真のようにずらし、「このカードを忘れないでくださいね」と客にいう。
【ポイント】この時、客の選んだカードは右手のデックにありますので、セリフを言うとにこっそりと客のカードを見る。

5. 客のカードがわかったのでこの後いくらシャッフルしても問題ない。

おわりに

このマジックは一瞬で客のカードを当ててしまうので、客はわけもわからず驚いてくれます。
種明かしの手順2でブレイクを入れるところがこのマジックのポイントとなりますのでこの練習が少し必要かもしれません。
ですが、それほど難しい技術ではありませんのでぜひ挑戦してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。