【あなたが選ぶのは赤のカードです!ver.2】

今回紹介するのは【あなたが選ぶのは赤のカードです!ver.2】です。以前に【あなたが選ぶのは赤のカードです!ver.1】を紹介しましたが、同じ予言マジックのひとつで、簡単にできますのでぜひチャレンジしてみてください。

【あなたが選ぶのは赤のカードです!ver.2】

マジック

1. 演者は「私の予言をこの紙に書いておきます。」と言って、紙に予言を書き紙を裏向けてテーブルに置いておく。

2. デックをシャッフルしたあと、テーブルの上におき、客にデックを大体半分くらいに分けてもらう。

3. 演者は「二つにわけた場所がわかるようにこちらの一番上のカードを裏返します。」といって右側(デックをカットした下側)のトップのカードを表に向け、左の山の上におく。


4. デックをひとつにまとめたあとデック全体を表に向けリボンスプレッドでテーブルの上に広げる。

5. 演者は「先ほど目印にしたカードの隣のカードを使います」といって、客にそのカードを覚えてもらう。
ここではスペードの7がでました。

6. 目印のカードと覚えてもらったカードをデックにもどす。

7. 演者は「ではここで私の予言を見てみましょう」といって、予言カードを表をむけるとその予言には「あなたが選ぶのは赤のカードです」と書いてある。

8. 客が予言は間違っていると思っていると、演者がデックを裏向けにリボンスプレッドすると黒裏のカードの中に1枚だけ赤裏のカードがあり、そのカードが客の選んだスペードの7となっている。

準備

黒裏のデックのボトムに赤裏のスペードの7を仕込んでおく。

種明かし

1. 予言カードには「あなたが選ぶのは赤のカードです」と書く。

2. 仕込むカードは客に一度失敗と思わせるために黒のマークであるスペードかクローバーのカードにする。

3. 手順2でシャッフルするときはボトムカードの位置は移動させたくないので、以前に紹介したボトムスタックコントロールを使う。

おわりに

赤裏のデックと黒裏のデックを使うマジックでした。
難しい手技は一切必要ありませんので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。