【ターンノーバーチェンジ】カードを裏返す時に違うカードと入れ替える

今回紹介するのは【ターンノーバーチェンジ】です。
ターンノーバーチェンジは、テーブルにおいてある表向きのカードを裏返す時に別のカードと入れ替えてしまうという手品の基本手技で、いろいろなマジックに応用ができます。
この手技は、練習が必要ですが身につけておけばグンとマジックの幅がひろがりますので、ぜひマスターしておきたいものです。
なお、【ターンノバーチェンジ】とか【ターンオーバーチェンジ】とも表記されることがありますが、どれも同じものです。

【ターンノーバーチェンジ】カードを裏返す時に違うカードと入れ替える

マジック

1. テーブルの上にある表向きのカード(今回はクローバーの7)を左手で裏返す。

2. テーブル上の裏返したカードを確認してみると、違うカードに変化している。


準備

1. デックの持ち方にポイントがあります。
交換させたいカードをデックのボトムにおき、薬指でブレイクをつくる。
【ポイント】このとき普通のブレイクよりも深く薬指をいれておくとやりやすい。
また中指と小指でデックを抑えると、持ちやすくなります。

2. テーブル10のカードは縦向きではなく、写真のように横向きにするとこのテクニックをやりやすくなります。

種明かし

1. 交換させるカードは左手にもっているデックのボトムカードとなります。

2. 手順2でテーブルのカードを裏返す時は、写真のように人差し指でカードの右奥の裏側を、親指でカードの右手前の表側を抑えるようします。

3. なんといってもカードを裏返す時がこのテクニックの難しいところです。
【ポイント】テーブル上のカードを裏返す時にデックのボトムカードを写真のように入れ替える。


おわりに

今回説明したテクニックはこれまで紹介してきたものよりも、技術的には難しいものです。
しかし、この技法をマスターすれば披露できるマジックが大幅にひろがりますので、ぜひ練習してみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。