【フォールスカット】マジックの基本テクニック


今回は手品の基本テクニックである【フォールスカット】を紹介します。
フォースルカットはデックをカットしたと見せかけ、実はデックの並びを一切変えないというテクニックです。
マジックの都合上、あらかじめデックの並びを配置することは多々ありますが、シャッフルやカットをせずにいきなりマジックを始めると客はデックに仕掛けがあることを疑います。
そのようなときにフォールスカットをして、デックには仕掛けがないと客に思わせるのが目的です。

【フォールスカット】

今回赤裏のデックを使い説明しますが、デックのトップがどこかわかりやすいようにデックのトップに青裏のカードを1枚配置し、説明することにします。

【ver.1】

1. 右手でデックを持ち、親指と中指でデックの半分より右側をホールドする。

2, 写真のように人差し指でデックの上半分をわける。

3. 人差し指をずらしてデックの上半分を写真のように左側にずらし、左手でデックの上半分を受け取る。

4. 右手に残ったデックを左手のデックにポンと一度ぶつけ、そのあとテーブルに置く。

5. 最後に左手のデックをテーブル上のデックの上に重ねると、一見カットしたように客には見えるが、実は初めの並びを維持している。

【ver.2】

1. 写真のように人差し指でデックの3分の1をわけ、左手に持ち替える。

2. 右手に残ったデックをさらに人さし指を使って、半分にわける。

3. 上半分を左手に持ち替えるが、そのときにブレイクを作っておく。

4. 右手に残ったパケットを一度左手のデックにポンと当てたあと、テーブルにおく。

5. 左手のデックのブレイクより上半分を右手でとり、テーブルにおく。

6. 最後に左手のデックをテーブル上のデックの上に重ねると、一見カットしたように客には見えるが、実は初めの並びを維持している。

【ver.3】

1. 写真のように人差し指でデックの3分の1をわけ、左手に持ち替える。

2. 右手に残ったデックをさらに人さし指を使って、半分にわける。

3. 下半分を左手に持ち替えるが、そのときにブレイクを作っておく。

4. 右手に残ったパケットを左手に移す。この時も2つめのブレイクを入れておく。

5. ブレイクで挟まれた真ん中のパケットを右手で抜き出し、テーブルに置く。

6. 左手に残っているデックの上側を右手でとり、テーブルに置く。

7. 最後に左手に残っているパケットをテーブルの上に置く。

【ver.4】

1. 右手に持ったデックを左手の親指で半分にわける。

2. 左手の親指と右手の中指を使い、上半分のデックを回転させながら、右手に持ち替える。

3. 右手のデックを左手のデックにコツンと当て、テーブルの上に置く。

4. 左手のデックをテーブル上のデックに重ねる。

【ver.5】

1. 右手でデックの上から3分の1を人差し指でずらし、右手に持ち替える。

2. 右手の残りのデックを人差し指を使って半分にわける。

3. 左手のパケットを右手に持ち替える。このとき、一番下にブレイクを入れる。
【ポイント】人差し指と親指で上のパケットを、中指と親指で中央のパケットとを、薬指と親指で下のパケットをホールドする。

4. 真ん中のパケットを左手に持ち替え、右手の人差し指で押さえているパケットを中指に持ち替える。

5. 左手の親指と右手の中指を使って、カードを回転させながら右手に移す。

おわりに

フォールスカットはあくまでマジックの基礎テクニックであり、これだけで手品になるわけではありません。
しかし、仕掛けのあるデックでマジックを披露する場合には、そのマジックを劇的にレベルをあげることができます。
マジシャンとして必ずいろいろなバージョンをマスターしておきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。